姫なかせクリーム体験談まとめ!3人の体験談をまとめてみた!

2016年12月6日

目次触れてもいないクリトリスが勝手に勃起してきて・・・乳房とお尻の穴とクリトリスと膣の中に姫なかせクリームを塗られた結果・・・たっぷりとクリトリスに姫なかせクリームを塗って濃厚エッチ 触れてもいないク …

触れてもいないクリトリスが勝手に勃起してきて・・・

今から6年前の11月18日。
当時イベントコンパニオンのバイトをしていた私に
当時、付き合っていた彼氏が、
突然仕事中に電話を掛けてきた。

いいヤツがあるんだ~仕事終わったら電話して。
と一言。
私は何だろう?
と思いながらもエッチな彼氏の事だから
きっとエッチなグッズか何かだな~とピンときた。

仕事が終わり期待を膨らませながら彼氏に電話をすると、
もう少しで部屋に行くから先に帰ってて~
と言うので、
先に帰って彼氏の帰りを待っていると、
20分くらいして彼氏が帰ってきた。

部屋に入るなり彼氏は、
容器に入ったクリーム⇒https://www.hime-nakase.com/ を取り出した。
そして、いきなり
脚開いてマンコ指で広げて
と言ってきた。

私はビックリしながらも素直に彼氏の指示に従い、
スカートを腰まで捲くり上げ白い総レースのTバックを太腿まで下ろし、
ベッドの上で M字開脚になると
彼氏は容器からクリームを出して、
それをつけた指でマンコの中をグリグリし始めた。

だけどまだ充分に濡れてもいないし、
エッチな気分にもなっていない無反応な私の様子を見て、
彼氏が「エッチしたくならない?」と聞いてきた。
ん~ちょっとスースーするような…しないような…
と曖昧なままにとりあえずエッチをする事にした。

その日のエッチはいつもより気持ち良かったけど、
思ったより凄いと言うわけではなかった。
だけど気が付くと3時間エッチしていた。
素面で3時間なんてした事なかったから、
初の媚薬体験は少しは効いていたようだった。

それから1ヶ月以上過ぎたクリスマスの真夜中。
彼氏から友達の家へ来い呼び出された。
タクシーで彼氏の待つマンションへ急いで行くと、
彼氏も彼氏の友達も何だかとても真剣な顔つきをしている。
不思議に思いながら私はリビングのソファに腰をかけると、
彼氏と友達が「いいか?」とか「早く」などと話し始めた。

しばらくして彼氏が隣の部屋に行けと言うので言われるままに行くと、
そこは寝室で彼氏と友達も一緒に部屋に入ってきた。
私はベッドに腰をかけて二人を見上げると、
彼氏が片手に何かを隠している様子。
一体何が始まるんだ!?と思っていると、
彼氏がまたこの前みたいに
パンティの横からオマンコに同じ薬を今度は前回より多めに塗ってきた。

友達は素早く部屋を出て、
彼氏も続き私に来いとリビングに連れて行こうとした。
私は「何も変わらないぞ」と思いながら
ベッドから立ち上がったその瞬間!!!!!!!!!!?????
いきなりアソコの奥にガッツーンと凄まじい衝撃が走った。
と同時に喉をゴクっと鳴らし鼓動がいきなり早くなる。
なんかよく分からないが
とにかく衝撃にビックリして私は言葉が出ない。

リビングまで行こうと歩こうとすれば、
足を必要以上に上げてしまっている感覚に襲われ、
ソファに座っても体が勝手に動いてしまいジッとしていられず
すっかり落ち着きがなくなってしまった。
彼氏が私の様子を見てくるので、
なんだか私は急に恥かしくなり
コートで顔を隠し目だけを覗かせ
な、なに?」と聞くと
彼が「な?凄いだろ?」と嬉しそうに聞いてきた。

私は小さな声で「う・・・ん」と頷いた・・・・。
しばらくすると彼氏が「帰ろう」と言ってきたので
早く二人きりになりたかった私は凄く嬉しくなった。
タクシーに乗り彼氏の肩にもたれ掛かると、
彼氏の存在が愛しく思えてきて、
おそらく今切ない目をしているであろう私は
彼氏を誘惑するように「好き?」と耳元で訪ねた。

だけど彼氏は私を見つめ何故か何も言ってこない。
何も言わない彼氏が何か意味あり気に感じてしまい余計ドキドキしてしまう…。
これから色々エッチな事するんだろうなと思うと、
うっとりしながら眩しく光る街の明かりや音を感じていた。

家に着き玄関の前まで来ると
彼氏がいきなりTバックの中を確認してきた。
すげぇ、もう濡れてんじゃん…
突き放した言い方がよけい感じてしまい、
それを承知の彼氏は私の反応を見て楽しんでいる。
急いで鍵を開け玄関に入ると寝室に行く時間さえ勿体ないかのように
私たちは廊下で激しく抱き合ってキスをした。

んっ…んあっ…んん」唇を激しく押し付けたり、
舌をねっとり絡ませる。
しばらくして唇を離すと
お互いの唇がお互いの唾液でキラキラやらしく光っている。
その時彼氏の目は、うっとりとした目つきで…
私の全身を舐めるように見ると、
完全にSの目付きに変わっていた。

彼氏のその目つきだけで感じてしまった私の乳首はビンビンに硬くなって、
その乳首を彼氏は指で弾き始めた。
前回に比べものにならないくらい気持ち良く、
あぁぁっ。あ~、すっ…ごい、凄い気持ちぃ…!
思わず鳥肌が立つ。

彼氏は微笑みながらも目はどこか冷たい。
Tバックを横にずらし私の目を見つめたりオマンコを見つめたりをくり返し、
何もしていないのに剥きだしになって硬く尖ったクリトリスを舌先で突き始めた。

あぁ…ヤバイ…クリトリス…気…持ちぃ。
濡れやすい私はさらに濡れ始め、Tバックが冷たくなってきた。

何…こんなに濡らしてんだよ?
あぁ…イヤぁぁ言わないで!!

彼氏は私の反応を楽しみながら指をいきなり奥まで入れてきた。
ぅああぁあ!あっ…あっ…すっ・・ごい…あぁ感じちゃうぅ!!…あっ…あっ…あぁぁ!!!

思い切り感じている私に「やらしいな…お前」と彼氏が見つめてくる。
あぁ見ないで!見ないでぇ

こんな私の反応に彼氏は益々興奮し、更にS性に火がついた。
・・・どうして欲しいんだよ?お前…エッチな事好きだろ…?言えよ。

意地悪な質問をする彼氏に、私は戸惑いながらも気持ち良くなりたい一心で、
指でっ!指でオマンコ…バシャバシャしてっ!オマンコ掻き回して!!
と思い切って言うと 、
彼氏は私に顔を近づけ、
可愛い…顔が赤くなった…
と嬉しそうに抱きしめてきた。

壁にもたれて向かい合い、
腕を彼氏の首に回し私の右足は彼氏に持たれた状態で思い切り指を激しく動かしてきた。
とろけそうな感覚に胸がきゅうっとなり、グチャグチャやらしいオマンコの音は、私の喘ぎ声で消えてしまう。
彼氏はキスしてきて私の口を塞いできた。

んん~!!!んっ…んんっ!!!!
口の中でこもった声と私のオマンコからは今まで聞いた事のないくらい、ビシャビチャッとやらしい音が聞こえてきた。

指の動きを弱めると、確かに分かる・・・。
私は潮を吹いてしまった。
潮が出る感覚が気持ちよくて指の動きが止まっているのにも関わらず
あーーっ、あぁ、あっ…あっ…
と声が止まらない。

彼氏のおチンチンがすっごく硬くなっているのが分かると、
しゃぶりたい衝動にかられてきた。
無言でベルトを外しズボンとパンツを下ろす。

彼氏のおチンチンは今までに見た事のないくらいに反り起って
我慢汁がいっぱい出ていた。
おチンチンの根元を尖らせた舌でチロチロ刺激する。

するとビクンと反応して、それに興奮してしまう私。
舌を横に這わせ下から上へ何度も舐め上げ
両脇のカリの境目をまたチロチロと刺激する。

すっげぇ気持ちいぃ。
私は嬉しくなり亀頭をパクっと加えた。

舌全体を亀頭にぴったりと吸いつける。
オマンコで言うタコ壷みたいな感じで、
舌だけを動かしクチャ…クチョ…っとやらしい音を立て舐め始めた。

クチョクチョ・・・ジュル…ジュル…ジュル…
赤黒く充血したおチンチンの亀頭を吸いあげる。

おー気持ちぃ。すげぇ気持ちぃよ…あぁ…あっ…あーー。
時々彼氏の顔を見上げながら、いきなり奥まで加えたり裏筋をつっ~と舌を這わせると、赤黒くギンギンになったおチンチンは我慢汁と唾液でぐちゃぐちゃになった…。

それからは彼氏のおチンチンを下のお口で・・・。
これから先は秘密です。w

★☆★姫なかせクリーム公式サイト
https://www.hime-nakase.com/

乳房とお尻の穴とクリトリスと膣の中に姫なかせクリームを塗られた結果・・・

私は20代のOLです。

ある弱みから男達のいいなりになってしまいました。

その日、いろんな体験させるからなと言われ、

仕事休めと言われたので、仕方なく休みました。

少しお尻の見えるミニスカート履かされ街中に連れてかれ

大勢の中でパンツ脱げと言われました。

そんな恥ずかしいことできない

と半泣きで返事すると、

じゃあ俺達が脱がすぞ。どこまで脱がすかわかんないよ

と言われ、しぶしぶ自分で脱ぎました。

大勢の人が私がパンツ脱ぐとこ見ていました。

凄い恥ずかしかった。

すると、いきなり2人の男が私のスカートを巡りあげました。

私は『キャー』と言いました。

なかなか辞めてくれず、

いろんな人に携帯カメラで撮られました。

そして、ノーパンのままレストランに連れていかれ、

トイレで、これマンコに入れてこい」と、

リモコンバイブを渡されました。

落ちないようにテープでとめとけと言われ

テープも渡されました。

戻って座ったらスイッチを入れられ、

しばらくしてウェイトレスさんを呼びました。

女性のウェイトレスさんがきました。

私が、バイブの刺激を必死に我慢していると、

お客さま体調でも悪いのですか?」と聞かれ、

男達が「これだよ」と言いスカートめくりあげました。

ウェイトレスさんはビックリしていました。

まん汁でビショビショの秘部を見て。

頼んだメニューがきましたが食事どころではありませんでした。

会計の時に、ウェイトレスさんに、小さな声で、

あんまりイス濡らさないで」と言われ、

恥ずかしくなりました。

今度は、ここから全裸になり高速道路に入るからなと言われました。

私は見られることに快感を覚え始めていました。

寒いはずなのに寒さを感じなかったので

バイブ取って」と自分で言い、

ドライバーさんに私の逝くとこ見てもらうの」と言いました。

男達は驚いていました。

次は、

電車の中で逝かすと言われました。

電車に乗り、しばらくすると後ろからパンツをずらされ

膣をかき混ぜられクリトリスをこすられました。

愛液が漏れだしてるぞ」と言われました。

小さな声で吐息をもらしながら、

立ってるのもやっとでした。

感じるたびにきゅっきゅっ締まると言われ、
いいマンコしてる」と言われました。

その後、

今度は私の部屋でエッチしよと言われました。

私は部屋に着くと、

男達は、塗る媚薬の姫なかせクリームを塗ってやるからなと言い、

乳首と乳輪と乳房とお尻の穴とクリトリスと膣の中にぬられました。

しばらくすると体が熱くなり、腰をくねらせ

オチンチンちょうだい

と言ってしまいました。

ほらと言われむしゃぶりつきました。

男達は満足すると膣の中に入れてきました。

お尻の穴にも入れて二本刺しにしてもらい腰をふって

乳首をいじられ乳房を揉まれました。

私は気持ちよくなり激しく逝ってしまいました。

あんな気持ちいセックスは前にも後にもないです。

姫なかせクリームを使われたあの時のセックスが

人生で一番気持ちいセックスだったのが今でも悔しいです・・・。

★☆★姫なかせクリーム公式サイト
https://www.hime-nakase.com/

たっぷりとクリトリスに姫なかせクリームを塗って濃厚エッチ

媚薬体験談ってよくあるけれど、実際に自分が体験しないと本当にそうなのかとかがわかりませんよね。

でも媚薬体験談はとても魅力的で、ついつい媚薬を使ってプレイをしているのを見ちゃうんですよね。

そう言えば最近では雑誌なんかでもよく「媚薬体験談」取り上げられていますよね。そんな感じで自分も試してみたかったんです。

出会い系サイトで会った女の子とエッチの約束をしたので、その子に試してみる事にしたんです。

ホテルに到着するとすぐに「媚薬って体験した事ある?」と聞いてみました。雰囲気もあってか彼女も普通に答えてましたね。

媚薬~?使った事ないけど、興味はあるかも
と言っていたので、
じゃぁ使ってみようよ
というと
やばくない?
やばくないよ」。

という事で媚薬を使ってエッチをしてみる事にしたんです。

媚薬は直接塗るタイプの姫なかせクリームという媚薬でしたが、それをたっぷりとクリトリスに盛ってみると、ちょっとしてから「何かスースーする感じ」と言っていた。

たっぷりと塗って敏感になっているクリトリスに指で触ってみると、突然「あっ」と驚いた声を出していた。

どうしたの?
すごく感じる、敏感になってるみたい
もっと触ってみるね
うん

敏感になっているというクリトリスを今度は舌で舐めてみる。すると急に足に力が入ったので感じているのだなとわかり、つい強く吸ったりしてしまいました。

すると「あー、そんなに強くしないで」と、相当感じている様子だったので、指を入れて中で動かしながらもう一方の手で細かく振動させてみる。

するとすぐに強い反応が出てきました。ガクガクと震えながら「イッちゃうかも、イッていい?」と言いながらすごく感じているみたいだった。

媚薬ってこんなに効果があるの?と思ったけれど、痙攣までは演技できないだろうと思ったので、クリトリスを電マで刺激してみる事に。

するとあっという間にビクビクと痙攣しながらイッたらしく、それでもクリトリスをむき出しにして電マで刺激すると、「やめて」と言いながら振動とともに大量の水が。

これが潮吹きなんだとわかったけれど、その量にかなりビックリしすると同時に大興奮してしまいました。何しろ初めてだったんです。

電マでクリトリスを責めながら指を入れて激しく動かすと、「あ~またイク」と言いながら、大量の潮吹きまでしていました。

挿入した時も相当感じてたらしく、大きく抜き差しをしただけでイッてましたね。自分が経験した媚薬体験談でこんなすごい経験ができるとは思っていなかったので、すごく楽しかったです。

★☆★姫なかせクリーム公式サイト
https://www.hime-nakase.com/